整体治療院の必須アイテム「トムソンテーブル」を徹底解明

HOME » トムソンテーブルカタログ » 番外・メンテナンスについて

番外・メンテナンスについて

ここでは、番外編としてトムソンテーブルのメンテナンスについてまとめています。

早めのメンテナンスでいつまでも安心・安全な施術を提供

カイロプラクティックテーブルは、患者さんに心地よい施術を提供する為にも、またテーブルの寿命を延ばすためにも、早めのメンテナンスを行うようにしましょう。

車に車検や定期点検があるように、医療機器であるトムソンテーブルにも定期的な点検やメンテナンスが必要になります。使用頻度によりますが、少なくとも半年に1度を目安に点検を受けて下さい。故障を未然に防ぐ事はもちろん、末永く使っていくためにも、定期メンテナンスをおすすめします。

メンテナンスもしてくれるトムソンテーブル専門店>>

よくあるトラブル

【機械系】

  • ドロップの落ちが悪い
  • きしみ等の異音
  • スプリング切れ
  • ネジの紛失・落下
  • 金属部分の錆

【電気系】

  • 上昇下降の途中で止まる
  • スイッチが時々反応しない
  • モーターカバー周辺の異音や異臭など

【油圧系】

  • テーブル下からのオイル漏れ

【空気系】

  • エアー漏れ
  • コンプレッサーの稼働時間が異常に長い
  • 排水しても水が出ない
  • コンプレッサーから異音が聞こえる
  • 油臭

【クッション系】

  • クッション内部のスポンジ劣化
  • 表層材のひび割れ、破損

※クッション系の異常については患者様からのクレームで発覚する場合もあります。施術中に具合の悪い所がないか、時々お尋ねしてみるのも良いでしょう。

 
トムソンテーブル&テクニック辞典