整体治療院の必須アイテム「トムソンテーブル」を徹底解明

HOME » トムソンテーブルカタログ » ピアーステーブル「ゼニス280」

ピアーステーブル「ゼニス280」

カイロプラクティックで使用されるトムソンテーブル「ゼニス280」(3段調整式)の特徴と仕様一覧について説明しています。

トムソンテーブル「ゼニス280」の特徴

「ゼニス280」の画像起立式で昇降可能のピアーステーブル「ゼニス280」は、3調整式の寝台。頚椎・胸部・骨盤部は、直下に手動でドロップ出来ます。

ヘッドピースは傾斜機能も付いており、3次元方向への立体的な動きが可能です。
胸部は傾斜しており、少し柔らかめのクッションを使用していますが、全体的にやや硬めのクッション仕上げ。
骨盤部は、骨盤の位置に合わせて前後方にスライドでき、調節可能サイドクランクは角度調節が可能。この部位の施術でダッチマンロール(円筒形のクッション)を使うことで、骨盤部の分離や滑っている部位に加わる負担を軽減しています。
このクッションのお陰で抗重力体の姿勢調節が出来るのです。
胸部・腰部の上部機構は、下方にも変位します。

また、この寝台は伸長コントロールが可能なため、様々な体型の方に対応しています。

「ゼニス280」の仕様一覧

ゼニス 280 ピアーステーブル(3ドロップタイプ)
サイズ 長さ 198.1cm
61.0cm
重量 226.8kg
高さ 61.0cm~76.2cm
標準仕様 頭部 手動式前下方ドロップ&昇降・傾斜機能
キーディメンション機能付ヘッドピ-ス
胸腰部 油圧式スウィングアウェイ(下方向のみ)
フロントセクション 手動にて上下方向へ移動可能
骨盤部 手動式直下ドロップ&上下角度調整機能
身長に合わせ前後調整可能
脚置き台(フットレスト) 高さ調整可能
上方へ3段階の引き上げが可能
台座色 プラチナ色
クッション やや硬めの厚仕上げ(カラー選択可能)
オプション
  • クッション(ヘリテージ/本革仕様)
  • ベースカラー変更
  • 腰部のドロップ
  • パワーフロントセクション
 
トムソンテーブル&テクニック辞典