整体治療院の必須アイテム「トムソンテーブル」を徹底解明

HOME » カイロプラクターのためのトムソンテクニックガイド » その他のテクニック

その他のテクニック

ここでは、トムソンテクニック以外の、カイロプラクティックのテクニックについて紹介します。

カイロプラクティック テクニックの種類

カイロプラクティックのテクニック自体は数百種類あります。今まで紹介してきたトムソンテクニックも、カイロプラクティックのテクニックの一つです。
そのほかのカイロプラクティックの主流のテクニックとして、いくつか紹介します。

ガンドステッドテクニックは、特に脊椎矯正に重点を置いた手法です。
脊椎矯正方法の中では科学的で効率の良いテクニックですが、習得の難易度が高く、高度な技術と言えます。
独自の形状をした専用のカイロベッドや椅子を使います。それに、レントゲンや温度検査器具などを併用して施術していきます。熟練者になると、患者はほとんど痛みを感じることがないと言われています。

ディバーシファイドテクニックは、カイロプラクティックの中で古典的で一般的な手法です。
日本のカイロプラクティックを教える学校では、この手法を一番基本的なテクニックとして教えていることが多く、一番多く普及しているテクニックと言えます。
しかし、古典的であるため、この手法のみを行う施術者は少なく、一般的にほかのテクニックと併用して施術を行っています。
いわゆる“ポキポキ鳴るカイロ”はこの手法です。

SOT(仙骨後頭骨テクニック)は、ソフトな施術が特徴で、別名「ソフトカイロプラクティック」と呼ばれています。
首の後ろのつけ根の骨と骨盤に注目し、全身へのアプローチは行いません。
患者とベッドの間にくさび形状をしたブロックを挿入して重力を作用させ、脳脊髄液をスムーズに流れるようにする手法です。

アクチベーターメソッドは、手ではなく専用の機器を使用して施術していく手法です。
バネ式の器具を体にあてて矯正していきます。その際にバチンという大きな音が出ます。手業では難しい角度への矯正が可能で、施術もスピーディーになるなど、最近注目されている手法です。

ターグルリコイルテクニックは、アトラスを集中的に矯正する手法です。
アトラスとは、首の7本の骨の一番上の骨、と、背骨の24本の骨の一番上の骨のことで、脳、神経、血管という体の重要な部分に関係する部位です。そのため、この手法は大変難しい高度な技術であり、熟練者でなければ難しいと言われています。
施術は横向きの状態で行い、軽い力をかけていくので、少し痛みを感じる場合があります。

 
トムソンテーブル&テクニック辞典